理学療法士の学費の真相を知ろう|夢を叶えるコツ

教材を持つ人

義肢製作の専門家になる

義肢装具士は、義肢や各種医療用装具の製作を手がける専門職です。ケガや病気で手足などを失った人たちの生活再建をサポートする、やりがいのある仕事です。資格を得るには、原則として高校卒業後3年以上の学習期間を経て、国家試験に合格する必要があります。

経済負担を減らす方法

婦人

医療系は高いので是非活用

理学療法士といった医療系の学校は、他の学部・学校よりも学費が高くなる傾向にあります。理学療法士の学校では実習が多い事や、参考書の費用も高くなります。また、医療機器を使った授業も多い事も学費がかさむ要因になっています。実際、平均的な理学療法士の学費は初年度で150万円と言われています。3年制の学校で卒業までに450万円程必要になります。学費は都市部か地方かでも差が出てきます。傾向として都市部が高くなっています。しかし通学経路が整備されているので、通学費用を考えると大きな開きはありません。経済負担を減らす方法はあるのでしょうか。理学療法士の様な医療専門職系は奨学金制度が充実しています。御礼奉公制度という学費を免除してもらい、卒業後に一定期間その病院に勤める制度もあります。一定期間とは3年〜5年が多いです。他に負担を減らす方法として夜間部利用があります。初年度は平均150万円の学費が、夜間部では平均120万円程と安くなります。夜間部は昼間部より一日の授業時間が短い為、修業期間は長くてスケジュールも詰まってしまいます。しかし昼間働いて稼ぐ事ができるので、経済負担を軽減できます。特に社会人から理学療法士を目指す方が夜間部を選択しています。医療系は学費が高くなりがちですが、奨学金や奉公制度、夜間部利用といった負担軽減方法があります。学校により特待生制度があったり、独自の学費負担軽減制度があります。パンフレット請求や詳細を学校に聞く事で、色んな道が見えてきます。

資格を取得できる

看護師

看護師になりたいという人は、看護の専門学校に通いましょう。これが一番の近道と言えます。自宅から遠い場合には、寮付きの専門学校を探すといいかもしれません。また、卒業までに資格を取得できるような学習ができるところを選択しましょう。

エステサロンなどでも人気

マッサージ

体内に流れるリンパ液の流れが悪くなってしまうと体に悪影響を及ぼしますが、それを解消してくれるのがリンパマッサージです。リンパの流れを良くすることでセルライト除去やむくみ解消に効果があります。リンパドレナージュセラピストになるには専門学校や通信講座を受講して資格を得るのが一般的です。