理学療法士の学費の真相を知ろう|夢を叶えるコツ

男性

義肢製作の専門家になる

婦人

技術力で患者の生活を支援

義肢装具士は、義手や義足等の義肢のほか、ギプス・コルセット等の医療用装具などの製作・修理を主たる業とする専門職です。多くは一般企業である義肢メーカーに所属し、医療機関からの依頼に応じて注文製作を行います。そのため、医療職というよりは技術職に近い性質を持っています。しかし採寸や調整の際には実際に患者と接し、使い勝手等を確認する機会があるため、治療者としての自覚と思いやりが必要な職業となっています。義肢装具士になるには、国が指定した養成学校で必要な単位を修めた後、国家試験に合格する必要があります。養成学校は2016年末現在で大学4校・専門学校6校の計10校があります。修学年限は高校卒業者にあっては3年以上、大学等に1年以上在学し、指定の科目を履修した者にあっては2年以上となっています。進学先を選ぶ際の基準として、まず大きなポイントとなるのは高校卒業後何年で資格取得を目指すかという点です。多くの専門学校は3年制であり、ストレートで合格すれば義肢装具士としていち早く社会に出られるというメリットがあります。学費の総額も4年制より安く住みます。その代わり、勉強はそれなりにハードです。一方、大学及び一部の専門学校は4年制であり、比較的余裕を持って勉強を進められます。また、義肢装具士試験の受験資格を得るのに必要な単位数は全校共通であるものの、カリキュラム自体はそれぞれの学校ごとに異なります。細かい情報を知りたい時は、オープンキャンパスや学校説明会などの機会を活用することが推奨されます。